医療脱毛で行うVIO脱毛・・ 痛みはどれくらい?

かなり痛いと噂のVIO脱毛ですが、最近では脱毛マシンも進化し「痛みの少ないVIO脱毛」が可能となってきました。
とはいえ、痛みに弱い人にとって「痛みが少ない」という表現は何とも微妙・・。
そこで、VIO脱毛をしたいけれど、コワくてなかなか行けない・・そんな人たちに最近のVIO脱毛事情をご報告します。

 

医療脱毛は痛い?

ご存知の方も多いですが、数ある脱毛法のなか、一番効果的といわれているのが「医療脱毛」となります。
レーザーを、毛に含まれる黒い色(メラニン)に当てることにより、毛の組織自体をにダメージを与えて生えてこさせないようにするものです(周囲の皮膚にはダメージは与えません)。
太くて濃い毛が生えている部分は特に痛みが強くなるため、VIOの脱毛は他の部位より痛いということになります。

 

痛みの少ないクリニック選び

脱毛マシンにもいろいろな種類があります。
一般に多く普及されているのが「アレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ・アポジーエリート)」と「ライトシェアデュエット」となります。
それぞれ特徴がありますので、マシンによって痛みの程度が変わってきます(人によって痛みの感じ方も変わります)。
なるべく痛みが少ない脱毛を希望するのであれば、クリニックの「痛みが少ない」という言葉だけを信じるのではなく、そのクリニックがどのようなマシンを使っているのかを知ることを判断基準にすることもできます。
医療脱毛のサイトでは「レーザー脱毛は電気(ニードル)脱毛と比べて痛みが少ない」と書いてることが多いです。確かにその通りですが、一昔前のすごく痛い脱毛方法と比べられても・・・って感じです。

 

脱毛マシンと痛みの種類

基本的にアレキサンドライトレーザーは痛みを強く感じるマシンとなります。
アレキサンドライトレーザーの中でもジェントルレーズは痛く、アポジーエリートはそれほど痛くない傾向にあるのですが、ジェントルレーズはその痛みを軽減するために冷却ガスが出ますので、人によってはあまり痛みを感じずに施術することができます。
ライトシェアデュエットは比較的新しいマシンで、ハンドピースが皮膚を吸引して照射するため痛みがかなり軽減されたマシンになります。
最新の脱毛マシンのメディオスターでは従来のレーザーとは違い、発毛因子(バルジ)を狙い、熱を徐々に貯めていく蓄熱式の照射で発毛因子を破壊します。
現段階で一番痛みが少ないマシンはこのメディオスターNeXT PROという機種になります。

 

クリニック選びは脱毛マシンを調べてみる

例えば、湘南美容外科とアリシアクリニック・・大手のこの2つクリニックは、
湘南美容外科・・ジェントルレーズ、メディオスターNeXT PRO
アリシアクリニック・・ライトシェアデュエット
を取り入れています。
メディオスターNeXT PROは従来の機種に比べて、施術時間がやや長くなりますので料金は少し高めに設定されているようです。
アリシアクリニックのライトシェアデュエットは、痛みが少なく施術時間も早いので採用されてるクリニックでは全般的に料金が安いというメリットもあります。

 

痛みは人によりけり・・VIOに関しては他の部分と比べるとどうしても痛みが出てしまう傾向にありますが、最近のクリニックでは痛みに関して万全の対応策をとっています。
自分が思っているほど痛みを感じなかったという人も多いですので、一度体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

>>札幌で人気の医療脱毛ランキングはこちら<<